絶対URLと相対URL

web

ウェブ上のページやファイルのアドレスを指定するには、絶対URLと相対URLの2通りがあります。 絶対URLは全てのアドレスを指定する方法なのに対し、相対URLは今いるページから見てどこにあるかを指定する方法です。 主に外部サイトのアドレスは絶対URL、サイト内のアドレスは相対URLを使います。

絶対URL

絶対URLとは

絶対URLは「http://」や「https://」などから指定する方法です。ファイルアドレスを完全に指定するので、ウェブ上のどこから指定してもファイルを指定する事ができます。 例えば手紙に住所を書いて出せば、世界中のどこから出しても手紙は届きます。絶対URLもそれと同じです。

絶対URLでの指定例

絶対URLでの指定はこのようになります。

http://hogehoge.com
https://hogehoge.net

相対URL

相対URLとは

相対URLは現在のファイルを基準に位置を指定する方法です。 例えばマンションの305号室から408号室を指す場合、「ひとつ上の階の3つ後」と表現できますよね。こんな感じで指定するのが相対URLです。

しかし同じ408号室でも203号室から見た時と306号室から見た時では違います。 同じファイルの位置を示すにも、現在のファイル位置次第で指定内容は変わる訳です。ここが絶対URL指定との大きな違いです。

相対パス指定の様式は以下のとおりです。

相対URLでの指定例

相対URL指定はカレントディレクトリから見てどの位置にあるかを指定するのが特徴です。

FileName 
DirectoryName/FileName 
DirectoryName/DirectoryName/FileName 
../FileName 
../../FileName 
../DirectoryName/FileName 

絶対/相対URLで同じファイルを指定した場合の例

amaruweb.net/index.htmlが基準ページの場合、index.htmlと同階層にあるpostフォルダの中のpost1.htmlのリンクを貼るには以下の指定になります。

<a href="amaruweb.net/post/post1.html">絶対URL指定</a>
<a href="post/post1.html">相対URL指定</a>

絶対URLでの指定はファイルアドレスが分かりやすい一方、ドメイン変更した場合などには修正が必要になります。 相対URLでの指定はサイト内のファイル指定には優位性がある一方で、位置関係の分からない外部サイトのファイルには使えません。

基本的にサイト内ファイル指定には相対URLを、外部サイトのファイル指定には絶対URLを使うといいでしょう。

アマルウェブ HOME