jQueryライブラリを読み込む

jquery

jQueryは便利な機能の詰まったライブラリなので、そのライブラリを読み込まなければ機能が利用できません。 ライブラリはネット上に公開されているものを利用する方法と、ローカルに落として利用する方法があります。

ネット上にコンテンツを公開する仕組みをCDN(Contents Delivery Network)と言います。 これはファイルや画像などのコンテンツをインターネット上で最適なやり取りをするためのネットワークです。 サーバが世界中に分散しているのでダウンする心配もほぼないですし、一番近くのサーバから持ってきてくれるため遅延も少ないです。

以下にjQueryの読み込み方法をいくつか書きます。お勧めはGoogleCDNの利用で、ローカル環境でもない限りはこれでいいと思います。

ローカルにjQueryをダウンロードして使う方法

jQuery.comのダウンロードページで公開されているファイルからダウンロードし、任意のフォルダに格納してスクリプトタグで宣言します。

<script type="text/javascript" src="jquery.js"></script>

書いておいて何ですが、イントラネットやテスト環境などのインターネット非接続環境でもない限りはローカルのものを使いません。 頻繁にバージョンが更新されるため、その都度ダウンロードしなおす手間がかかってしまいますし容量も無駄です。

CDNを読み込む方法

scriptタグを使ってCDNを読み込みます。「9.99.9」の部分はバージョン情報ですので、書き換えて使用してください。使用するバージョンの選定はこのページで確認しましょう。

バージョンが更新された場合は数字を書き換えましょう。 セキュリティの問題もありますので、なるべく最新版を使うのが好ましいです。

jQueryのCDNを使う

<script src="http://code.jquery.com/jquery-9.99.9.min.js"></script>

GoogleのCDNを使う←おすすめ

<script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/9.99.9/jquery.min.js"></script>

MicrosoftのCDNを使う

<script src="http://ajax.aspnetcdn.com/ajax/jQuery/jquery-9.99.9.min.js"></script>

アマルウェブ HOME