条件分岐

javascript

条件によって処理を分岐させたい場合、条件分岐を使います。 JavaScriptの条件分岐にはif文とswitch文が用意されています。

if文

if文

条件に合致した場合のみ処理を実行する場合、if文を使います。

if(条件){処理;}

if~else文

true or falseで処理を分岐させる場合、if~else文を使います。

if(条件){
  処理1;
}else{
  処理2;
}

if~else if ~else文

true or falseの組み合わせで処理を分岐させる場合、if~else if文を使います。 else if文は複数記述する事もできますが、条件が多くなる場合は後述のswitch文を使った方がスマートです。

if(条件1){
  処理1;
}else if(条件2){ 
  処理2;
}else{
  処理3;
}

switch文

条件に対して値で処理を細かく分岐させる場合、switch文を使います。 switchに変数、caseに値を記述して値ごとに実行する処理を判定します。

or条件の場合はcaseを続けて書き、else条件の処理はdefaultに記述します。

switch(条件){
  case 値1:
    処理1;
    break;
  case 値2: 
    処理2;
    break;
  case 値3:
    処理3;
    break;
  default :
    処理4;  //上記以外の場合に実行される処理
    break;
}

上記にやたら「break;」と書いてあることが気になると思いますが、基本的に必ず書くようにしてください。
breakによって処理が終了されるので、記述がないと以降の処理も継続して実行されます。

以下はbreakを書かなかった時にどう処理されるかです。
この仕様を利用してコードを圧縮することもできますが、あまりおススメしません。

switch(条件){
  case 値1:
    処理1;
    break;
  case 値2:
    処理2;
    break;
  case 値3:
  case 値4:
    処理3; //値3・値4のいずれかの場合に実行される
    break;
  case 値5:
    処理4;  //breakがないため、値5の場合は処理4と処理5が実行される
  case 値6:
    処理5;
    break;
  default :  //上記以外
    処理6;
    break;
}

アマルウェブ HOME