マルチサイトとは

web

マルチサイトとは

マルチサイトとは、1つのドメインに複数のサイトをぶら下げる形式のサイトです。 通常1サイトで扱いきれない・分割すべき内容は別サイトとして独立させますが、マルチサイトは1つのネットワーク上に複数のサイトを設定するのが特徴です。 それによって特定分野に整理・特化したサイト群となり、ユーザビリティやSEOを高めます。

まずはマルチサイトに関してお話しておきましょう。 マルチサイトには「サブディレクトリ形式」と「サブドメイン形式」の2つの形式があります。

サブディレクトリ形式

http://サイトドメイン/サブディレクトリ

何か1つのサイトテーマをいくつかのディレクトリに分割する手法です。 サイトの取り扱うテーマが深いものだった場合、一つのサイトに集約させると階層が深化してゴチャゴチャした内容になります。 そういった時にある程度まとまったテーマをサブディレクトリとして分割して下に配置するのがサブディレクトリ形式のマルチサイトです。

例えばサイト全体のテーマが「ウェブサイト制作」だった場合、「ウェブ知識」「HTML・CSS」「JavaScript」などの関連技術・知識などをテーマごとに独立させて下に配置します。ひとつのテーマを複数のテーマで掘り下げるのがサブディレクトリ形式のイメージになります。

URLの見た目がシングルサイトをカテゴリ分けにしたようなパーマリンク形式になっていますが、実態もそう変わりはありません。 特に利用者側からすればほぼ同じに映るでしょう。

ちなみにこのサイトもサブディレクトリ形式のマルチサイトです。

サブドメイン形式

http://サブドメイン.サイトドメイン

サブドメイン形式は複数のテーマをひとつのサイトで扱う場合に、テーマを水平に分割する手法です。 サイトの取り扱うテーマが複数だった場合、一つのサイトに集約させると話題が煩雑になってゴチャゴチャした内容になります。 そういった時にある程度まとまったテーマをサブドメインとして分割して水平に配置するのがサブディレクトリ形式のマルチサイトです。

yahooがその典型で、ショッピング、オークション、路線検索など複数のテーマごとに独立させて水平に並べています。 複数のテーマでひとつのサイトを形成するのがサブドメイン形式のイメージになります。

結局どっちを使えばいい?

大よその方向性は前述した通りですが、実際に分割する場合はどちらとも取れるようなテーマが多いです。 そうなるとどう分割すればいいのか悩みますよね。

ぶっちゃけた話、どちらも大した違いはなく気分的な問題と言っても過言ではありません。 だからビビッと来た方に決めてしまうぐらいの気持ちでいいでしょう。

マルチサイトのメリット・デメリット

マルチサイトで検索すると、メリットはあるが面倒なんて記事がいっぱい出てきます。 コストとリターンを見極めるべく、マルチサイト化によるメリットとデメリットを見てみましょう。

マルチサイトのメリット

マルチサイトのデメリット

ざっと挙げてみましたが、大まかなのはこんなところでしょうか。

ある程度サイトにボリュームがあって且つテーマが煩雑になった場合、サイト分割による整理はメリットが大きいです。 動物写真目当てで来て次のページを見たらプログラム記事だった、話題の階層が深すぎてサイトの方向性がよく分からないなんてことは避けるべきですからね。 特にアーカイブの資産性が高いサイトの場合、快適なアーカイブを提供する意味でも分割を検討した方がいいでしょう。

そういった時にはマルチサイト化もしくは別サイトに分割を考えますが、マルチサイトとして切り分けた方が運用上のコストを抑えられます。 特にWordPressでサイトを運用していた場合はメリットが大きいでしょう。リスクも集中してしまいますが、定期バックアップなどで十分に対策は可能です。

しかしマルチサイト化は技術的な問題に当たることも多く、マルチサイト運営の絶対者数が少ない分、調べても解決できない可能性も高くなります。 ツールが想定外の挙動をしたり、サーバによってはそもそもマルチサイト化ができないこともあります。

なので技術的な問題にある程度自分で対処できるのであればマルチサイト導入を検討してもいいのではないかと思います。 少し脅しましたが、簡単なプログラムの知識と対処する時間的余裕があれば大きな問題にはなりません。

ただ明確な目的なしになんとなくマルチサイト化してもほとんど恩恵はありません。 それを思えばマルチサイト化する強い動機がない限りはシングルサイトでいいのかもしれませんね。

ちなみにこのサイトのことをお話しますと、当初はサイトごとに独立させて運用していました。 しかしソフト更新作業をサイトの数だけやる必要があったり、テーマ管理が面倒になったり、定期バックアップが面倒になったりでマルチサイトとして集約させることにしました。 つまり運用コスト軽減のために複数サイトを集約させた形ですね。ご参考まで。

アマルウェブ HOME